LCCや格安航空券は帰省するのにベストな手段!

- LCCや格安航空券は帰省するのにベストな手段!

ジャンボジェット

LCCや格安航空券は帰省するのにベストな手段!

私は現在都内に住んでおりますが、出身は九州です。1年~1年半に1回は帰省しておりますが、その際はよくLCCや格安航空券を利用しています。
それに対し、自分が思うことや感じることを以下にまとめてみました。

LCCを利用してお得になる人は限られている!

私が都内から九州へ帰省する際、飛行機を利用する場合はもちろん羽田空港か成田空港を使用しなければならないのですが、都内の自宅から成田空港までは鉄道利用で2時間半はかかります。
例えば地元の空港から出るLCCの便が成田空港行きしか無い場合、LCCで帰省する場合は自宅から成田空港まで鉄道で2時間半という飛行時間よりも長い時間がかかりますし、何度か面倒な乗り換えもあります。
そして、自宅から成田空港までの片道約3,000円の交通費(鉄道)を支払わなければなりません。
自宅が成田空港に近い場合は全く問題はなくむしろお得なのですが、LCCで安く航空券を手に入れたとしてもそれを考えるとあまりお得ではありません。

格安航空券とホテルのセットはとってもお得!

格安航空券を使用する場合、格安航空券とホテル1泊分がセットになったものがオススメです。
通常航空会社で航空券を購入すると、キャンペーン期間中を除いた時のおよその相場は東京から九州まで片道2~3万円ほどかかりますが、格安航空券とホテルがセットになったものは、往復の飛行機代+ホテル1泊分で大体3万円ほどで購入できます。
どう考えても、こちらの方がお得です。
ですが、デメリットもあります。格安航空券は飛行機の便が決められており、便を変更することができない、もしくは変更するのに料金が別途発生、そしてキャンセルした場合はキャンセル料金が発生するため、必ずその便に乗ることができなければお得になりません。
急な予定の変更にはあまり向かない旅行商品だと思います。

やっぱり飛行機は旅行の時短に最適な手段!

デフォルメの飛行機
都内から九州まで新幹線を利用することは有りませんか?
その際、博多で新幹線から特急に乗り継ぎしなくてはなりません。
新幹線だけの乗車時間は都内から博多までのぞみを利用して大体5時間ほどです。
博多から地元まで特急を利用する場合は、さらに2時間ほどかかります。
要するに、移動時間だけで7時間はかかってしまう計算です。
これを飛行機に当てはめて考えてみると、飛行機で7時間となるとハワイあたりまで行けてしまいます。
新幹線は飛行機のように手荷物検査やボディチェックがない分煩わしさはないですが、どうしても時間との戦いになってしまいます。
やはり、時短で旅行したいのであれば飛行機が一番ベストな方法と言えます。

交通費と時間を節約したいのであれば、断然飛行機!

最後になりますが、やはり飛行機は価格的にも時間的にも最適な交通手段と言えます。
いかに安く飛行機に乗れるのかということを研究して旅行するのも、旅行の楽しみの一つになるのではないでしょうか。

Similar Posts:

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 格安航空券を買う前に!知っておきたい基本情報 All Rights Reserved.